藤沢駅南口の再開発がスタート!3つのポイントを説明します!

2022年早々、藤沢市民にとって大きなニュースが流れました。
藤沢レトロの代名詞「391街区の再開発」です。

これは、藤沢の地域史がかわるような、大きな出来事です。

さらに、建て替えの計画は391街区だけではないんです。
藤沢駅南口全体が広範囲にわたって、再開発の対象になっています。

この記事では、再開発の3つのポイントを解説します。

いけださん

現地の様子も写真たっぷりでお伝えします

湘南に移住して8年、湘南藤沢を愛する「いけだろーかる」が情熱的にお送りいたしますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

藤沢駅南口の再開発がスタート!3つのポイントを解説します!

藤沢駅南口の前に、藤沢駅北口の再開発が行われました。

  1. 2017年 市役所庁舎
  2. 2019年 ペデストリアンデッキ(旧サンパール広場)
  3. 2022年 地下通路

以上で、藤沢駅北口の再開発は完了。

2023年からは、藤沢駅南口の再開発がスタートします!
ポイントは次の3つです。

391街区の建て替え再開発
藤沢駅および南北自由通路の改良
南口駅前広場の再整備

順番にご説明しますね。

藤沢市民が愛する「391街区」は建て替えでこうなります!

391街区とは「フジサワ名店ビル」「ダイヤモンドビル」「CDビル」の3棟からなるエリアの通称です。

  • フジサワ名店ビル⇒1965年オープン
  • ダイヤモンドビル⇒1966年オープン
  • CDビル⇒1971年オープン

50年以上の歴史を持つ「藤沢レトロ」の代名詞ともいえる場所なんです。

いけださん

思い入れを持っているかたも多いですよね

計画では、2025年春を目標に既存店を閉店して工事着工、2029年に完成という予定。

印象的なお店をいくつか。

古久家

藤沢駅を代表する街中華「古久家」
食事時は行列が絶えません。

いけださん

サンマーメン大好き

魚つる

藤沢市の魚屋さんといえば「魚つる」
昔ながらの魚屋さんスタイル。

いけださん

威勢が良くてちょっとこわいw

コウナン青果

旬の野菜を買うならこちら「コウナン青果」
いつも込み合うレジ。

いけださん

野菜買うならコウナン青果かOKストア

コーヒーショップ海

THE昭和な喫茶店「コーヒーショップ海」

いけださん

昔ながらのタバコが吸える喫茶店でもあり…そこはちょっと苦手

歴史あるお店も閉店してしまうのは、やっぱり残念ですね。。
建て替え後も、生き残ってくれるとよいのですが…。

ちなみに、完成予定図はこんなかんじ↓

完成イメージ図

ビルは地上17階、地下2階建てで、延べ床面積約3万6200平方メートル。

いけださん

でかい!!

これは駅前の景色が変わりますよ。
1階から6階までは店舗が入る計画、どんなお店が入るか楽しみですね!

いけだパパ

古久家生き残ってくれ!

藤沢駅および南北自由通路は改良されて、利便性が向上します!

ポイントは、次の2つ。

  • 小田急改札とJR改札が同じフロアになり、乗り換えがスムーズになる。
  • 南北自由通路を8mから16mに拡張、待ち合わせやイベントに使えるようになる。

工事は、2期に分けて行われます。

第1期

藤沢駅前街区まちづくりガイドライン(案)より

1期目の工事で、小田急側2階の通路を8mから16mに拡張
2階から小田急改札に入れるようになります。

藤沢駅前街区まちづくりガイドライン(案)より
いけださん

小田急とJRが同じ階に!
乗り換えが楽になるね♪

いけだパパ

1階の改札も残す予定だ

現在通路にあるお店、湘南藤沢スーベニールズ(お土産屋さん)などが。
そのまま残るのか、移転するのかは不明です。

第2期

藤沢駅前街区まちづくりガイドライン(案)より

2期目の工事で、JR側通路の「既存駅事務所(みどりの窓口)」を撤去
南北自由通路が、見通しのよい広い通路となります!

藤沢駅JR側通路
いけだパパ

右側の建物がぶち抜かれるんだね

藤沢駅前街区まちづくりガイドライン(案)より

さらに、「駅ナカコンコース」を新設。
小田急とJRの乗り換えが、改札内でできるように!

いけだパパ

これはありがたい!!

撤去された「既存駅事務所」は、新設の駅ナカコンコースに移転。
他にもどんなお店が入るのか、楽しみですね。

◎ポイント

拡張された通路は、待ち合わせやイベントなどができる空間に。
利便性の向上だけでなく、活力や賑わいの創出を狙う


2023年度に着工して、完成は2027年度中とのことです。

藤沢駅南口駅前広場が整備されます!駅前の景色が変わる大工事!

再整備のポイントは2つ。

  • 地上部の再整備
  • デッキ部の再整備

地上部

まず、地上部の再整備からです。
ざっくり説明すると、車道を小さくして歩行空間を広く、休憩できるスペースも作るよ、ということです。

いけださん

一般車が入れなくなって大丈夫なんですか?

という心配をしてしまいますが、きっと考えられてるよね…。

藤沢駅ユーザー驚愕の完成イメージ図をごらんください。

いけださん

藤沢駅が超絶おしゃれに…!

ホントにこれできたら…すごいですね。。

滞留空間は2か所。

西側が、現在交番や公衆トイレがあるあたり。
東側が、現在の名店ビルの前、北口に抜ける地下通路の入口前ですね。

※交番は既に撤去されました。


確かにどちらも、座っておしゃべりという場所ではありません。
上のイメージ図のようになれば、藤沢駅革命ですよこれ。

デッキ部

デッキ部は「乗り換えデッキ」と「外周デッキ」に分類されます。

下の完成予定図をご覧ください。

藤沢駅前街区まちづくりガイドライン(案)より

藤沢駅と江ノ電乗り場(ODAKYU湘南GATE)をつなぐ「乗り換えデッキ」に注目!
そう、南北自由通路と一体化しています!!

北口広場と南口広場を繋ぎ、藤沢駅全体で、「湘南の顔」にふさわしい空間を作る。
それが、藤沢市のビジョンなんです。

他方、「外周デッキ」のほうは、少し複雑。
というのは、周りは民間の建物だからです。

藤沢駅南口外周デッキ
いけださん

勝手に立て直すわけにいきません

そこで藤沢市は、ビル建て替えを支援する独自制度を創設することを発表しました。
こちらのニュースがわかりやすいです↓↓

ざっくり説明すると、藤沢市がイメージする施設計画(下図を参照)には税制優遇などの支援をするよ、という話。

藤沢市のイメージする施設
いけださん

商業施設に、屋上庭園とか昇降施設とか、すごいよ!

藤沢市のイメージどおり、ビルの建て替えが進めば…
とっても素敵なデッキになりますね。

2023年度内に関連条例を施行、来年度内の運用開始を予定しています。

まとめ

今回の記事では、藤沢駅南口の再開発についてまとめました。
ポイントは次の通りです。

・391街区の店舗は2025年春には閉店して、工事が開始される。
・391街区の建て替えは2029年に完了予定、新しいビルは17階建て、でかい。
・古久家や魚つるなど、藤沢市民に親しまれているお店がどうなるかは未定。
・2023年から藤沢駅の工事開始、小田急改札とJR改札が同じフロアになり、改札内で乗り換え可能に。
・南北自由通路は、現在の8mから16mに拡張。待ち合わせやイベントなどできる空間に。
・藤沢駅南口の地上広場、車道を減らし歩行空間を広く、休憩できるスペースを作る計画。
・藤沢駅南口と江ノ電乗り場を繋ぐ「乗り換えデッキ」、南北自由通路と一体化。
・藤沢駅南口の外周デッキを整備するため、民間ビルの建て替えを支援する制度を創設。

「藤沢レトロ」な街並みが変わっていくことに、残念な気持ちはあります。
でも、建築から50年以上が立ち、老朽化しているのも事実。

また、藤沢市の人口は増え続けており、40万人を超えました。
391街区ができたころの人口と比較すると、およそ2倍です。
人口増に対応する、新たな街作りは必然だと思います。

藤沢市の発表資料でも「藤沢の顔となる空間づくり」を掲げています。
期待して見守っていきたいですね。

いけださん

藤沢市の未来は明るい!
湘南の未来は明るい!!

ではでは♪

ポチっとしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
目次