【EMot(エモット)】江の島観光をお得&便利にするアプリを解説!

あなたは「EMot(エモット)」というアプリをご存知ですか?
小田急電鉄が展開している、小田急沿線の観光や交通を、お得&便利にするツールです。

が、対応エリアが少ない、アプリの挙動が微妙、など課題も目につき…
広く使われているとは言い難い状況。

いけださん

知らない人のほうが多いと思う

江の島観光においても、正直、使える場面は少ないですね。。

しかし、2022年11月と2023年1月のアップデートで、江の島を中心とした藤沢市エリアが大幅強化!!
もしかすると、「EMot(エモット)」が、江の島観光の必須アプリになるかもしれません。

なかには、江の島冬の代名詞「湘南の宝石」がお得になるキャンペーンもあり!

冬の人気イルミネーション「湘南の宝石」

この記事では、藤沢市ウォッチャーのいけだろーかるが、EMot(エモット)のアプデ情報をがっつり掘り下げ。
現在判明している情報を、丁寧にお伝えします!

楽しく読んでいただけると嬉しいです♪

目次

Emot(エモット)の概要

まず、既に利用できるEMot(エモット)の機能について。
江の島観光にフォーカスして、ご説明しますね。

なお、今回のEMot(エモット)のアップデートは、藤沢市の観光施策「藤沢市版MaaS」によるもの。
藤沢市の観光施策に興味があるよ、「藤沢市版MaaS」に興味があるよ、という方は…。
こちらの記事でわかりやすく解説していますので、ぜひに↓↓

【経路検索】シェアサイクルも含むのが特徴

「藤沢市MaaS基盤強化事業
実施内容について」より引用

経路検索については、すでにGoogleMapをはじめ、優秀なツールが多々あります。
わざわざ、EMot(エモット)をダウンロードしてまで使うかというと…疑問ですね。

ただし、EMot(エモット)に特徴的な機能があります。
それは、「シェアサイクルやシェアバイク」を含むこと。

特に、藤沢市はシェアサイクルに力を入れているので、自転車ステーションがたくさんあります↓↓

EMot(エモット)アプリから、空き状況を確認できるのもいいですね。

アプリ画面をスクショ

シェアサイクルを活用したサイクリングは、私もおすすめするところ。

交通手段にシェアサイクルやバイクサイクルもOK!
という方は、Emot(エモット)が役立つかもしれませんね。

【特急券の購入】ロマンスカーの特急券がちょっとお安く

小田急線の特急と言えば、ロマンスカー。
観光にはもちろん、疲労困憊の仕事帰りなんかにも、ありがたい存在です。

いけだパパ

都内勤務のときは、何度か使ったよ

そんなロマンスカー。
実は、2022年10月1日から値上げしているのは、ご存知でしょうか?

ただし、記事のとおり、EMot(エモット)を含むオンラインチケットは、値段据え置き。
そのため、50円の差ではありますが、特急券をお安く購入することができます。

「藤沢市MaaS基盤強化事業
実施内容について」より引用

売り切れないよう、事前に購入できるのも、オンラインのメリットですしね。

【デジタルチケット】江の島・鎌倉観光に使えるデジタルチケットを購入できる

アプリ画面をスクショ

上記画面のとおり、便利なフリーパスが購入できます。
これが、EMot(エモット)のメインコンテンツでしょう。

ただし、江ノ電バスのチケット以外は、窓口でも購入できて値段も変わらないため…。
EMot(エモット)を使うメリットが、ちょっと弱いかな。。

いけだパパ

EMot(エモット)が広まらない理由のひとつだね

2022年11月16日のアップデート内容 お得なキャンペーンあり

アップデートは、次の2回予定されています。

  1. 2022年11月16日
  2. 2023年1月

まずは、1回目のアップデートについて。
具体的な変更内容、そしてお得&便利になるポイントを、わかりやすく説明していきます。

新たなデジタルチケットが誕生!

前提として、サムエルコッキング苑の入場料が改定されています。

タウンニュース内の記事より

藤沢市は施策として、「湘南の宝石」など、江の島のナイトイベントに力を入れています。
そこで入場料をもらおうってことですね。

いけださん

代わりに昼間は、多くの人に使ってもらえるよう、無料に!


全文を読みたい方は、こちらのニュース記事を参照↓↓

というわけで、新しいデジタルチケットは「既存のチケット+ナイト」というセット券になっています。
あとは、今までありそうでなかった「新江ノ島水族館」とのセット券も。

「藤沢市MaaS基盤強化事業
実施内容について」より引用
いけだパパ

えのすいセットは間違いないね!!

もちろん、新たに販売するセットのほうが、バラで買うよりお安くなります。

周遊券の一覧がこちら↓↓
正規料金との差も書いてあって、わかりやすい!

藤沢市観光公式ホームページより

利用できる施設をみながら、適切な周遊券を選択しましょう!
紙媒体のみ、デジタル媒体のみ、という周遊券もあるので、そこもポイント。

【11月16日~11月30日】超お得な割引キャンペーンを実施!

新たなデジタルチケット、とってもお得な情報をひとつ。
新アプデ記念として、期間限定で割引キャンペーンが実施されます!!

「藤沢市MaaS基盤強化事業
実施内容について」より引用

半額ってのはインパクト大ですが、なによりも、「湘南の宝石」の期間にかぶっているのがでかい!!

湘南の宝石は11月23日からスタート。
ホームページをじっくりみましたが、入場料金等の特記はなし。

ナイト料金がそのまま適用され、当キャンペーンも有効になります!
大人気イベントが半額で楽しめるのは、すごい…。

いけだパパ

いくしかない

本番はクリスマスシーズンとなりますが…。
いち早く乗り込みたい方は、ぜひぜひ、EMot(エモット)を活用してみてくださいね!

2023年1月予定のアップデート内容 交通と観光の連携アップ!

続いて、2回目のアップデートについて。
こちらは、まだ1月とだけで、日にちは未発表。

内容も、まだフワッとしています。
江の島観光で重要となるポイントのみ、5つ、判明している範囲でご説明します!

※情報が出次第、更新をしていきます。

公共交通と観光施設が連携したデジタルチケット誕生

「既存の交通チケットと観光施設のセット」を作成する、という話です。
既存の交通チケットとは、江ノ電乗り放題の「のりおりくん」や、江ノ電バス乗り放題の「江ノ電バスのり旅きっぷ」のことでしょう。

いけださん

どの観光施設とセットになるかは、お楽しみって感じですね!

実は、今もセット券はあるので、目新しい施策ってわけではないですが。

タクシーやシェアサイクルなどのクーポン券つきデジタルチケット

「藤沢市MaaS基盤強化事業
実施内容について」より引用

上記画像のとおり、いずれかのチケットに、クーポン券をセット。

個人的には、シェアサイクルのセットが気になります!
いけだろーかる、湘南・鎌倉のサイクリングを推してるので!!

江の島シーキャンドルセットと組み合わせて、江の島周辺を自転車で周れたりすると、面白いかもですね!

いけださん

江の島周辺は徒歩で移動するには、意外と大変だから

(株)日本旅行と連携したツアー×デジタルチケットの施策

「藤沢市MaaS基盤強化事業
実施内容について」より引用

日本旅行の商品(ツアーなど)に、EMot(エモット)のデジタルチケットをセットにします。
ポイントは、商品の購入場所が、日本旅行のホームページというところ。

当然、日本旅行ユーザー>EMot(エモット)ユーザー。

魅力的な商品を提供できれば、日本旅行ホームページからEMot(エモット)への流入が見込めそうです。

デジタルスタンプラリーの企画実施!

「藤沢市MaaS基盤強化事業
実施内容について」より引用

EMot(エモット)を活用して、新たなイベントを創出する、ということですね。

内容は未定ですが、スタンプラリー自体は、よくある企画。

EMot(エモット)を使うことで、先行のイベントと差別化できるかどうか。

いけだパパ

市内全域を使った企画にはなるだろうね

外国人向けのサービス機能を実施!

海外からの観光客を増やすのは、藤沢市の観光施策において、重要テーマです。

「藤沢市MaaS基盤強化事業
実施内容について」より引用

発表されているのは、藤沢市エリアのデジタルチケットを、英語と中国語で翻訳するというもの。

ただ、元バックパッカーいけだパパ的には…
この対応だけで、海外旅行客にEMot(エモット)を使ってもらうのは、難しいかと思います。

いけだパパ

海外旅行先で、その国のアプリをダウンロードして使うのは
かなりハードルが高いから…。

最も効果的なのは、前述の日本旅行とのコラボと同じ手法。
英語圏で一般的な旅行サイトなどとコラボして、EMot(エモット)に流入させることでしょう。

まあ、海外旅行サイトとコラボできるなら、そのサイトでセット券を売ればいいわけで。
EMot(エモット)をかます必要があるかは、微妙ですが。。

でも、日本在住の英語・中国語が母語の方には、素晴らしい機能だと思いますよ!!

EMot(エモット)普及への課題

ここまでEMot(エモット)のアップデート内容について、紹介してきました。
江の島・藤沢市観光に向けて、機能が強化されるのは間違いないです。

ただし、EMot(エモット)が観光のスタンダードアプリになるには、課題もあります。

スマホ画面をスクショ
いけだパパ

まず、この点数をなんとかしていかんと…

ただ、マイナスコメントの多くは、既に廃止されているEMotパスポートに対して。
そこは、もったいない、実際より悪くみえてしまっているかと。

他にコメントされているのは…

  • 対応エリアの狭さ
  • 重い、UIが悪いなどの操作性への不満

対応エリアについては、今回のアプデで、藤沢市は解消されていくでしょう(きっと)。

操作性については、読み込みが多いところなど、確かに気になります!
該当の画面をサッと開いて提示する、そういう使い方なだけに、ここはがんばってほしいものです。

いけださん

小田急電鉄を応援しています

あとは、継続してお得感を生み出していけるか。
既存のツールと違いを出しつづけないと、ダウンロードしてもらえないですもんね。

いけだパパ

引き続き、藤沢市の施策を応援しています!

色々、課題はありますが…
藤沢市の観光が盛り上がるため、EMot(エモット)の未来を応援しています!!

まとめ

今回の記事では、小田急沿線の観光や交通をお得&便利にするアプリ、「EMot(エモット)」を紹介。
特に、2022年11月および2023年1月のアプデで、藤沢市、江の島エリアが強化されることを特集しました。

記事のポイントは次のとおり。

  • 既存の機能を紹介、公共交通や観光施設のデジタルチケットがメインです。
  • 【11月】新チケット誕生、新要素は「ナイト」「新江ノ島水族館」とのセット。
  • 【11月】アプデ記念に、割引キャンペーン実施、これ超お得です!!
  • 【1月】公共交通と観光施設のセット券を作成、気になる組み合わせは…未定。
  • 【1月】デジタルチケットに交通クーポン券をセット、シェアサイクルセットいいかも!
  • 【1月】(株)日本旅行とのコラボ決定、ポイントは日本旅行のサイトが窓口になるところ!
  • 【1月】デジタルスタンプラリー実施、景品あり、詳細はこれから。
  • 【1月】英語と中国語に対応、国内在住の外国人の方が使いやすくなりそう。
  • 普及への課題は、重さやUIの改善にあり。そして、継続してお得感を打ち出していけるか。

いけだろーかる、「湘南の宝石2022」は、絶対にEMot(エモット)を使います!
その後、継続して使うかは、1月のアプデ次第かな。

藤沢市の観光施策、「藤沢市版MaaS」のカギとなる「EMot(エモット)」。

アプデの内容次第では、江の島・藤沢市観光のスタンダードアプリになる日が来るかもしれません!
いけだろーかるでは、今後の展開に注目していきます!

面白かったよーって方、ポチっとしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
目次